うめののたびブログ

中古キャンピングカーで日本一周!全都道府県をまたにかけた「勝手にローカルレポーターうめの」が旅に景色にグルメに珍スポットを紹介する愉快な場所。

公式まとめ   Youtube   Twitter   SUZURI   MAP  

新米ラジオキャスター。初めての現場入りをする。

www.youtube.com

 

 

 

こんにちは!

勝手にローカルレポーターうめのです(*´ω`*)

 

ただ今、熊本県天草市で越冬中の旅人です。

 

今日はみつばちラジオさんで初めての原稿読みの練習をしましたので、思った事や感じた事を書いてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

「ラジオのプログラム」CUE SHEET

 

CUE SHEET(キューシート)って知っていますか?

 

私はみつばちラジオに原稿読みの練習をしに行って初めてこの存在を知りました。

 

要は番組のプログラム表。

 

内容はお見せできませんが、時間の部分にご注目ください。

 

f:id:umenonotabi:20181221210719j:image

 

 

こんな感じにきっちりと秒単位にコーナーの時間が決まっています。

 

かといって、台本がすべて決まっている訳ではありません。

コーナーの残り時間を見ながら話していかなければいけません。

 

こういった点から、朝の番組が一番難しいそうです。

小刻みに情報やCM、時報などを入れるから。

 

 

 

朝のラジオ。記事の主な種類

 

新聞からのニュース記事

天気予報

交通情報

市役所からのお知らせ

観光イベント

お悔み

メッセージ紹介

 

などなど・・・

 

 

小刻みに決められたプログラムの中でこなしていきます。

 

記事の原稿は手元にありますが、全てが決して口頭で読み聞かせやすい文面になっているとも限りません。

 

全てを番組開始前に確認出来ればいいのですが、

朝6時30分に番組がスタートしてから現場に上がってくる原稿もあります。

 

そういった物は

音楽のみを流している時間、または収録済みのCMを流している間に内容を確認します。

 

きっと私をYoutubeで知っていてくれてる方は、

私が自由にのびのびとラジオで発言する事をイメージされている事と思います。

 

 

しかし実際は

 

 

結構お堅いようです!

 

 

 

 

 

うめの、大丈夫?

 

って思いますよね・・・

 

 

私も正直そう思ってます。

 

ラジオ初心者、生放送。

大丈夫なんでしょうか??

 

正直私はあまり頭がよくありません。

漢字の読み間違えもするし、日々経済新聞を読む生活はしていません。

 

人前で堂々と考えを述べたり、アドリブで会話するのはとっても好きなんですが。

 

 

まったく今まで使ってきたスキルとは違います

 

 

 

 

先輩パーソナリティからのメッセージ

 

しかし、本日原稿読みに付き合ってくれた先輩パーソナリティ田口めぐみさんはこういってくれました。

 

「原稿読みは練習すればうまくなる。人前で堂々とフリートークするのは練習すればいいってもんじゃない。うめのさんはきっと大丈夫」

 

クゥ~!!!!

そういわれればもう上手くなるしかないですよね!

 

正直、苦手な部分を伸ばす作業は避けたい人です。

(得意な事でガンガン活躍できる場を作ろう!ってスタンス)

 

 

でも結局私の好きな事って、自分で何かを伝える事なんですよね。

 

 

きっと上手になったら、すごく楽しくなって得意になるはずです。

 

 

今後、ラジオの事を考える時間が必要になるのでお誘いや配信のリクエストにあまりお応えできないかもしれませんがよろしくお願いします。

 

うめののスキルアップ&ステップアップを見守ってください。

 

 

 

 

やっぱり思う事

 

 

やっぱり、と思う事なんですが。

 

外から見ていて想像していたことと

中に入って初めてわかる事ではまったく情報量が違います。

 

簡単に、オシャレに、さらっと。

そんな風に進行されているように感じるラジオですが、結構現場はバタバタしているんですね。

 

知らない事を見たり体験することで

 

「実は結構大変なんだなあ」

 

と、一つ思慮深く寛大な心を持ったうめのになれればいいな。

 

そう思います。

 

 

 

 

 

毎日がエブリディ!

 

 

f:id:umenonotabi:20181221210818j:image

 

 

 

キャンピングカーに住む日本一周うめののたび。

訪れた場所の配信のアーカイブやブログはこちらの地図でもチェックできます